最新のインプラント治療について

インプラントは、長年研究開発がされていて、現在は、さまざまな手法による治療を行うことが可能になっています。

インプラント器具を取り扱っているメーカーや大学などの研究機関が世界中にあり、研究開発を競っていて、さまざまなものが生み出されています。
インプラントは、「All-on-4」という手法も開発されています。

「All-on-4」は、総入れ歯を使っている人などの、多くの歯を治療する人に向けられて開発された技術です。

従来の治療法では、8~14本のインプラントを埋め込んだり、骨の移植をする治療をする必要がありましたが、この「All-on-4」では、最小で4本の金属を埋め込むだけで治療を終えることができるため、手術による体への負荷を最小限にすることができます。

手術の費用も大幅に下げることができるため、経済的な負担を最小限にして、良い歯を手にすることができます。

手術の回数を減らすことができることも特徴的であり、早期に治療を終えることができます。

治療による腫れや出血も、従来のものよりも大幅に少なくなっているため、さまざまなリスクを軽減することができます。
総入れ歯とは異なり、顎の骨にしっかりと固定された歯を使うことが可能なため、かたいものもしっかりと咬むことができます。抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着まで1日で行うことが可能になっていて、仮歯を使って、すぐに食事をすることもできるため、日常生活に影響を出す図に手術ができます。