インプラントにより得られるメリット

インプラントは、歯ぐきの下の骨に穴を開けて人口の歯を埋め込むという内容の治療方法です。

これにより、食べ物をしっかりと噛みしめることが出来るので、自分の歯と同じ感触が得られます。

このために、歯をなくしてしまった人にとっては非常に有効な内容を持っており、夢の治療技術と表現されるケースがあります。

なくした歯の代わりにかたい物を埋め込むという方法は、紀元前より行われていたことが判明しています。それは、下あごに貝が埋め込まれた人骨が古代遺跡から発掘されているからです。

その後、金属や宝石を埋め込むようになり、徐々に技術が進化することになります。現在のインプラントの直接のルーツは、1965年に臨床での応用が開始されたチタン製のインプラントです。

これは、1952年にウサギの骨にチタンを埋め込むという実験を行ったところ、骨とチタンが結合して取り出すことが出来なかったという出来事から研究が進められたことにより到達した結果です。

チタンは、他の金属よりも身体に有害な作用を及ぼしにくいという性質を持っているので、一度取り付けてしまえば付け替える必要がありません。

このために、現在のインプラントは基本的には永久使用が可能です。このために、入れ歯などの他の方法と比較すると耐久性という部分において明確に優れています。

歯をなくす前の感覚を取り戻せるということが最大のメリットですが、外れる心配がないなどのハード面においても非常に優秀です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です