インプラント手術について

インプラント治療は、紀元前から行われていたとされていて、日々技術が進歩し続けています。

インプラント治療は、メスを使わないで行うことができるタイプのものも開発されています。

「無切開手術(フラップレス)術式」というものがあり、手術中や術後に生じてしまう腫れを最小限に抑えることが可能であり、安全性が高い治療をすることができます。

無切開手術では、あらかじめCT機器などによる精密検査や、コンピューターシミュレーションによって、インプラントを埋め込む最適な場所を決定します。ポジションを確定した後は、確実にそのポジションにインプラントを埋めこむための手術用ガイドを作製することで、的確で、安全性の高い治療を行います。

従来の手術と同様に、若干の歯肉の切開は必要になりますが、切開する部分が非常に小さいため、腫れや痛みを最小限に抑えることが可能になっています。縫合や抜歯をする必要がないため、ダウンタイムが非常に短いことが特徴的です。

手術時間や、治療回数も減らすことができるため、リスクを最小限に抑えることができるため、人気が高まっています。
インプラントの土台がしっかりと定着する期間も短時間であるため、人工の歯を短時間で取り付けられるため、良い治療をすることができます。

人工の歯のクオリティーも高まっていて、自然の歯のような出来栄えになっているため、審美的に非常に美しく、機能性も優れているため、手術を受ける人が増加傾向にあります。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です